読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hercelot LOG

変な音楽とか

かわいいおじさんが小気味良かったりもっとロマンチックだったりする音楽を奏でるやつ

音楽

こちら好きなおじさん音楽家の写真を貼っただけの記事になります。
「おじさん音楽家」というだけで言えばまずLuke Francis Vibertを貼るところなんですが、一つの萌え要素パターンとしてメガネもじゃ毛ヒゲ笑顔おじさんというのがあって、いや笑顔は必須じゃないんですけどなんかその裏に凛とした落ち着きというか寒さというか、暖かいだけじゃない透明性みたいなのが感じられる、みたいなジャンルがあるんです僕の中では。たぶん創作や演奏に対する真摯な態度をにこやかさと両立させるとそうなるんだと思うんですけど。そのタイプに絞りました。


Geert Chatrouさん

International Whistlers Conventionで3度タイトルを取ってる口笛奏者Geert Chatrou。カントリーバンドOcobarとやった1stアルバム、今年はよく聴いたナア。
f:id:hercelot:20050524103907j:plain:w600:left

Geert Chatrou, Ocobar & Fay Lovsky live at Walhalla



Jędrzej Kuzielaさん

ポーランドのトイミュージックバンドMale Instrumentyのメンバー。このまえの来日ライブ行ったらちっちゃいこどもドラム用のスティックで色んな打楽器を乱打してて最高でした。
f:id:hercelot:20141213155954j:plain:w600:left

Małe Instrumenty (Small Instruments) - Tysiąc - Era Nowe Horyzonty


Aurélien Terradeさん

フランスの印象主義ソロプロジェクトArtuan de Lierréeの中の人。この人の音楽の良さはほんと説明しきれないんだけど、もくもくと作曲して弾いて録って、ライブとあらば楽譜を作って共演者に教えて……みたいなことをしてると思うと萌えの極まりがある。
f:id:hercelot:20120830090813j:plain:w420:left

Artuan de Lierrée - Roi Frigère / Monsieur Thé



僕はたまたま顔を知っている音楽家のことにしか言及できないんですが、映画や舞台など、俳優の分野とかでこういうタイプのおすすめおじさんがいたら教えて欲しいですね。
自分もいまはふわっとした髪型だし、最近コンタクトめんどくさくてメガネばかりだし、あとは恰幅をよくすればこんなおじさんになれるんかなーと思っているのだけど、何より澄んだ瞳が足りないということに気付いてしまいました。


いろんなおじさんが居ます。

CONCRETE SOUND FOR OUR CHILDHOOD